03-3473-8038

初診・保険診療のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

平日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:30 P.M.~8:00 P.M.
土曜日・日曜日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:00 P.M.~6:00 P.M.
水曜日・祝祭日
休診
 最終受付は診療時間終了の30分前です

esthetic dentistry

審美歯科について

「よく噛めて美しい歯」をつくる

審美歯科治療とは

金属の詰め物が目立つ、歯並びが悪い、黄ばみがあるなど、口元にコンプレックスをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。そのような方にお勧めしたいのが審美歯科治療です。

審美歯科治療は、補綴物の交換、歯並びの改善、着色の除去などを行なって、白く美しい歯へと改善する治療です。外見の美しさを手に入れてコンプレックスから解放されるだけでなく、笑顔と自信を取り戻すことができ、積極的にコミュニケーションをとれるようになります。

しかし、単に外見を美しくするだけではありません。「噛む」「話す」のような口本来の機能がきちんと果たされるよう意識し、口腔の健康を維持できるよう治療を行なう必要があります。

審美歯科治療の方法

審美歯科治療では、主に歯を白く美しくするための治療を行ないます。症状や目的によって異なりますが、セラミック治療、ホワイトニング、PMTCなどが一般的です。以下でご説明します。

 ホワイトニングについてはホワイトニングページをご覧ください。

セラミック治療

着色した部分を削り、セラミック製のインレーやクラウンを使用して歯を白くする方法です。セラミックには種類があり、それぞれ特徴が異なります。種類によって適する部位や面積、費用などが異なるので、それらに応じて使い分けることによって、より患者様に合う白さと美しさを実現することができます。

セラミックインレー
他の素材を一切使用せず、セラミックのみ使用したインレーです。強度は金属製のインレーに劣りますが、経年変化しないので、美しい状態を維持できます。
オールセラミッククラウン
他の素材を一切使用せず、セラミックのみ使用したクラウンです。強度はジルコニアオールセラミックに劣りますが、天然歯のような色調なので、前歯や小臼歯(中央から4、5番目の歯)への使用に適しています。
ジルコニアオールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンの心材に、ジルコニアという鉱物を使用しています。生体親和性に優れ、強度はセラミッククラウンに勝るので、奥歯やブリッジへの使用に適しています。
ハイブリッドセラミックインレー
セラミックとレジン(樹脂)の混合素材であるハイブリッドセラミックを使用しています。セラミックインレーに比べ柔らかいので、対合歯(噛み合う相手の歯)にも優しいですが、色調は多少劣り、経年変化します。
メタルボンドクラウン
金属にセラミックを焼き付けたものです。色調はオールセラミッククラウンに劣りますが、ある程度の強度があります。
ラミネートベニア
エナメル質(歯の表面)を0.5~0.7mm削り、セラミック製の薄いプレートを貼り付ける治療法です。仕上がりが自然で美しく、数回の来院で治療が終了します。歯の形状を変えたり歯の隙間を埋めることも可能です。矯正歯科治療のように時間をかけずに、前歯の形状やバランスを整えたいという方に適しています。

PMTC

「PMTC」は「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医師または歯科衛生士が専門機器を使用して行なう歯のクリーニングのことです。 日常的にブラッシングを行ない、衛生状態を維持できているつもりでも、磨き残しや、歯ブラシでは除去しきれない汚れが蓄積してしまいます。

このように、セルフケアでは除去しきれない歯垢や歯石、シブやヤニなどの着色は、PMTCを行なうことで徹底除去することができます。着色の除去により、歯が白くなるというメリットもあります(ただし、本来の歯の色以上に白くしたり、変色歯を白くすることは不可能なので、それらをご希望の方には、セラミック治療やホワイトニングなどを行ないます)。そして、最後にフッ素塗布を行なうことで、虫歯や歯周病を予防します。

以上のように、PMTCには口腔内の清掃と病気の予防ができるという大きなメリットがあります。口腔内の健康維持のためにも、定期的にPMTCを行なうことをお勧めします。特に、虫歯や歯周病に注意しなければならない矯正歯科治療中の方は、磨きづらい装置周りの汚れを除去できるので、非常に有効です。

Copyright © 2014 Shinagawa dental clinic All Rights Reserved.