03-3473-8038

初診・保険診療のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

平日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:30 P.M.~8:00 P.M.
土曜日・日曜日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:00 P.M.~6:00 P.M.
水曜日・祝祭日
休診
 最終受付は診療時間終了の30分前です

general dentistry

一般歯科について

おもに健康保険が適用される治療

一般歯科とは

「一般歯科」では、審美・矯正歯科やインプラントのような特殊な治療ではなく、虫歯・歯周病の治療、義歯・ブリッジの作製、定期検診、クリーニング、ブラッシング指導など、ごく一般的な治療全般を行ないます。特に近年では、一般的な治療に加え、虫歯や歯周病を予防し、生涯自分の歯を使い続けることを意識して来院される方が増えています。

なお、一般歯科の治療は保険適用内で行なわれることが多いため、保険診療を一般歯科と捉える方もいます。しかし、治療内容が同一でも、治療法や使用する材料などによっては保険適用外の自費診療となる場合があるので、一概に、一般歯科は保険診療のみとは言い切れません。


虫歯治療

虫歯の原因

歯には細菌の塊「プラーク」(歯垢)が付着しており、細菌は食べかすに含まれる糖を摂取して酸を生成します。この酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態を「う蝕」(通称「虫歯」)といいます。酸によって歯が溶かされる現象を脱灰といいますが、再石灰化という作用によって脱灰した部分が健康な状態へと修復されます。

通常、歯はこれらをバランスよく繰り返していますが、糖を頻繁に摂取したり、細菌が酸を生成しやすい状態にすると、再石灰化を待たずに脱灰してしまい、虫歯の進行に繋がります。

虫歯の段階と治療法

虫歯の段階は、英語のCaries(虫歯)の頭文字を取り、進行度によってCO~C4と表記します。

CO

初期症状

  • 症 状:一時的な脱灰で、外見上の変化はない
  • 治療法:再石灰化するので治療は不要

C1

中期症状

  • 症 状:エナメル質(歯の表面)まで進行し、痛みなどの自覚症状がない
  • 治療法:レジン(樹脂)で補綴する

C2

後期症状(前半)

  • 症 状:象牙質(歯の主要部)まで進行し、しみたり痛みを感じる
  • 治療法:インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補綴する

C3

後期症状(後半)

  • 症 状:細菌が歯髄(神経や血管の束)まで進行し、歯髄炎(炎症による激痛を伴う症状)になる
  • 治療法:根管治療(歯髄除去)を行なう

C4

末期症状

  • 症 状:歯冠(歯肉の上の部分の歯)が崩壊して歯根のみ残存しており、歯髄が壊死して痛みはない
  • 治療法:クラウンでの補綴、または抜歯して義歯、ブリッジ、インプラント治療などを行なう

最後に…

症状などによって上記と異なることがあるので、あくまでご参考としてご確認ください。


歯周病治療

歯周病とは

歯は、歯肉、歯槽骨(歯を支える骨)、歯根膜(歯根と歯槽骨を繋ぐ組織)、セメント質(歯根の表面を覆う組織)などの歯周組織に支えられています。歯周組織が細菌に感染すると、歯肉が炎症を起こして出血し、放置すると歯が抜け落ちてしまいます。これを「歯周病」といい、誰でもかかる身近な病気の1つです。

実際、日本人の約80%がかかっており、歯を失う原因の多くを占めています。 歯周病の初期は自覚症状がありませんが、徐々に歯肉の炎症や出血を自覚するようになり、歯の動揺が見られる頃には末期症状になっています。そうなると、自分の歯を使い続けることが難しく、義歯、ブリッジ、インプラント治療などを行なう必要が出てきます。

歯周病の段階と治療法

歯周病の段階は、英語のPeriodontitis(歯周病)の頭文字を取り、進行度によってP1~P4と表記します。

P1

初期症状

  • 症 状:歯肉が赤く腫れ、ブラッシングで出血することがある
  • 治療法:プラークコントロール(プラークの増殖の抑制)を行なう

P2

中期症状

  • 症 状:ブラッシングのたびに出血し、浮きやかゆみなどの異変を感じる
  • 治療法:歯石除去を行ない、プラークコントロールを行なう

P3

後期症状

  • 症 状:歯肉が赤紫色になり、口臭が悪化する
  • 治療法:ルートプレーニング(歯周ポケット歯石・細菌の除去)を行なう

P4

末期症状

  • 症 状:歯肉退縮により歯が長く見え、歯の動揺がある
  • 治療法:フラップ手術(歯肉を歯槽骨から剥離する歯石・細菌の除去手術)を行なう

最後に…

症状などによって上記と異なることがあるので、あくまでご参考としてご確認ください。

後期症状を過ぎると、健康な状態へと修復することができず、治療の期間や費用がかかり、患者様の負担になります。そのような事態を避けるため、日常的に予防に努め、異変を感じたらすぐに受診しましょう。

 予防については予防歯科ページをご覧ください。


義歯

「義歯」(通称「入れ歯」)は、永久歯を失ってしまった場合の補綴装置の総称です。 床(土台)という歯肉の部分はプラスチックや金属製、歯の部分はプラスチックやセラミック製となっており、床が粘膜に吸着することで固定されます。

上顎または下顎が無歯顎の場合に使用するものを総義歯といいます。残存歯があるときに使用するものを部分義歯といいます。主にクラスプ(留め金)を残存歯に掛けることで固定されます。いずれも取り外し可能です。

メリット

  • 取り外して清掃できるため、衛生状態を維持しやすい
  • 治療が短期間で完了する

デメリット

  • 完全な固定ができず、咀嚼力や噛み心地が天然歯に劣り、会話もしづらい
  • クラスプを掛ける天然歯に負担がかかる
  • 口を開けるとクラスプが見え、審美性に劣る
  • 歯を支えていた顎の骨が刺激を受けなくなり痩せていく

ブリッジ

「ブリッジ」は、永久歯を失ってしまった場合の補綴装置で、歯を失った部分の両側に健康な歯がある場合に使用できます。歯を失った部分の両側の歯を削って支柱とし、橋を架けるようにその間を人工歯で補うもので、取り外しはできません。

メリット

  • 両側の歯を支柱として固定するため、咀嚼力や咬み心地、会話に違和感がない
  • 短期間で治療が完了する

デメリット

  • 両側の歯を削って支柱とするので、その歯に負担がかかる
  • 装置と歯肉・歯との間は汚れを落としにくいので、丁寧に清掃する必要がある

定期検診

定期検診を行なうことによって、口だけでなく全身の健康維持に繋がります。 生涯自分の歯を使い続けられるよう、忘れずに定期検診を受診しましょう。また、口腔内に違和感を覚えたら、すぐに歯科医院に足を運びましょう。

 詳細は予防歯科ページの定期健診


PMTC

歯科医療従事者が専門機器を使用して行なう歯のクリーニングです。歯垢や歯石、シブやヤニなどを徹底除去し、最後にフッ素塗布を行なうことで、虫歯や歯周病を予防します。

 詳細は審美歯科ページのPMTC

Copyright © 2014 Shinagawa dental clinic All Rights Reserved.