03-3473-8038

初診・保険診療のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

平日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:30 P.M.~8:00 P.M.
土曜日・日曜日
10:00 A.M.~2:00 P.M. / 3:00 P.M.~6:00 P.M.
水曜日・祝祭日
休診
 最終受付は診療時間終了の30分前です

teeth whitening

ホワイトニングについて

歯そのものを白くするホワイトニング

歯の黄ばみ・着色の原因

黄ばみや着色のない、白く輝く歯は、笑顔をより魅力的に見せてくれます。このような美しい歯を維持できれば問題ないのですが、日常的にブラッシングを行なっていても、黄ばみや着色はどうしても出てきてしまいます。

その原因は、加齢など内的なものと、飲食や嗜好品など外的なものに分けられます。

 加齢

象牙質(歯の主要部)は黄白色ですが、経年的にこの色が濃くなり、エナメル質(歯の表面)からその色が透けて黄色く見えるようになります。

 飲食

カレー、ソース、チョコレートなど色の濃いものは、着色しやすくなります。

 嗜好品

コーヒー、赤ワイン、たばこなどは、着色しやすくなります。

これらの黄ばみや着色は、ブラッシングやPMTCなどで除去することはできません。そこでお勧めするのが「ホワイトニング」です。

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、ブラッシングやPMTCでは除去できない黄ばみや着色を、薬剤を使用して分解・除去し、明度を上げて白くする施術です。

薬剤の主成分は、過酸化水素や過酸化尿素という物質で、これらは高温になると酸素と水に分解されます。この酸素がエナメル質の色素と結びつくことでエナメル質の構造が変化し、象牙質の色が透けなくなります。そのため、歯が本来の色よりも白く見えるようになるのです。

歯そのものを白くするので、エナメル質を削ったり、セラミック治療のように人工的な素材を使用することはありません。

ホワイトニングは、歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」、ご自分で行なう「ホームホワイトニング」、両者を併用する「デュアルホワイトニング」に分けられます。

Copyright © 2014 Shinagawa dental clinic All Rights Reserved.